沿岸バス株式会社(TOP)       facebook mixiチェック はてなブックマークに追加 
高速乗合バス一般路線バス羽幌港 連絡バス貸切バス・バスツアー萌えっ子フリーきっぷ

HOME運輸安全マネジメントに基づく情報の公表 → 特急はぼろ号の運行形態・安全性向上の自主的な取組みについて


特急はぼろ号の運行形態・安全性向上の自主的な取り組みについて

 国土交通省の「高速バス表示ガイドライン」に基づき、当社の高速乗合バス・特急はぼろ号に
ついて、次のとおりご案内いたしまます。

[目次]
 1. 運行形態
 2. 運行会社
 3. 実車距離及び所要時間(見込み)
 4. 運転者
 5. 任意保険
 6. 乗降場所
 7. 安全性向上のための自主的な取り組み


1. 運行形態
 (1)沿岸バス株式会社(以下、「当社」)の特急はぼろ号(札幌〜留萌・羽幌・豊富 3系統6往復)は、
    道路運送法に基づく一般乗合旅客自動車運送事業の許可を取得して、路線バス(高速乗合バス)と
    して運行しております。
 (2)当社では、高速ツアーバス(高速道路等を経由する2地点間の移動のみを主たる目的とする募集型
    企画旅行として運行される貸切バスの形態)及び会員制高速バス(会費を支払った会員向けに一定
    期間乗り放題等の形態で提供される、高速道路を経由する2地点間の移動サービスのために運行
    される貸切バス)の企画及び催行並びに運行は、一切行なっておりません。
 (3)平成25年8月1日より高速ツアーバスの制度は廃止(禁止)されましたが、特急はぼろ号は、これ
    までどおり路線バス(高速乗合バス)として安全運転に努めて参ります。

2. 運行会社
 高速乗合バス 特急はぼろ号は、道路運送法にもとづいて、当社が単独で運行します。

3. 実車距離及び所要時間(見込み)
 特急はぼろ号の実車距離等は、次のとおりです。
運行系統 ※1 走行距離 所要時間
(見込み)
休憩回数
※2
備   考
 特急はぼろ号
 (豊富営業所〜本社BT〜札幌駅前BT)
往路 301.5km
復路 301.7km
往路 5時間10分
復路 5時間04分
2回  昼行
 深川留萌自動車道及び道央自動車道経由
 (留萌大和田IC〜深川JCT〜札幌IC)
 特急はぼろ号
 (本社BT〜元川町〜札幌駅前BT)
往路 202.7km
復路 202.9km
往路 3時間15分
復路 3時間12分
1回
 特急はぼろ号
 (本社BT〜増毛BT〜札幌駅前BT)
往路 182.7km
復路 183.2km
往路 3時間50分
復路 3時間45分
1回  昼行
 国道231号経由
   ※1 ・・・ BT=バスターミナルの略
   ※2 ・・・ この他に休憩を設ける場合があります。



4. 運転者
 特急はぼろ号は、各系統とも運転手1名で運行いたしますが、次のとおり休憩時間を設定しております。
 (1)高速経由便は、本社ターミナル(羽幌町)及び砂川サービスエリア(砂川市)にて休憩時間を設けます。
    高速道通行止時は、迂回経路上の道の駅等に代えます。
 (2)増毛経由便は、増毛ターミナル(増毛町)にて休憩時間を設けます。
 (3)(1)・(2)とも、お客様とともに運転手も休憩時間とします。
 (4)この他、著しい遅延が生じた場合は、別途休憩時間を設定します。

5. 任意保険
 事業用自動車の運行により生じた利用者の生命又は身体の損害を賠償することによって生じず損失を
 てん補することを内容とする損害賠償責任保険契約は、全車とも対人賠償無制限です。

6. 乗降場所
 特急はぼろ号は、次のとおり乗降場所を設定しております。
 「位置」をクリックすると、Google Mapsによる停留所標識の設置位置が表示されます。

 (1)高速経由便
  (羽幌発着便は、本社ターミナル〜札幌駅前ターミナル間のみ停車。)
 乗降場所
 豊富営業所  北海道天塩郡豊富町大通5丁目 位置
 豊富温泉  北海道天塩郡豊富町字温泉 位置
 深地層研究センター  北海道天塩郡幌延町字北進 位置
 幌延十字街  北海道天塩郡幌延町3条南1丁目 位置
 天塩  北海道天塩郡天塩町新栄通5丁目 位置
 遠別営業所  北海道天塩郡遠別町本町1丁目 位置
 豊岬  北海道苫前郡初山別村字豊岬 位置
 初山別役場前  北海道苫前郡初山別村字初山別 位置
 有明  北海道苫前郡初山別村字有明 位置
 本社ターミナル  北海道苫前郡羽幌町南3条2丁目 位置
 羽幌ターミナル  北海道苫前郡羽幌町南7条4丁目 位置
 苫前上町  北海道苫前郡苫前町字苫前 位置
 上平  北海道苫前郡苫前町字上平 位置
 力昼  北海道苫前郡苫前町字力昼 位置
 鬼鹿3区  北海道留萌郡小平町字鬼鹿港町 位置
 花田番屋前  北海道留萌郡小平町字鬼鹿広富 -
 小平中央  北海道留萌郡小平町字小平町 位置
 春日町  北海道留萌市春日町 位置
 元川町  北海道留萌市元川町1丁目 位置
 東橋  北海道留萌市南町3丁目 位置
 菊水元町7条 ※1  北海道札幌市白石区菊水元町6条1丁目 位置
 苗穂駅前 ※2  北海道札幌市中央区北2条東13丁目 位置
 サッポロファクトリー三条館前 ※2  北海道札幌市中央区北2条東4丁目 位置
 札幌駅前ターミナル  北海道札幌市中央区北5条西2丁目 位置
    ※1 ・・・札幌行のみ停車。道央自動車道の通行止で迂回した場合は、「苗穂駅前」を代替停留所とします。
    ※2 ・・・札幌駅前ターミナル行のみ停車。



  (2)増毛経由便
 乗降場所
 本社ターミナル  北海道苫前郡羽幌町南3条2丁目 位置
 羽幌ターミナル  北海道苫前郡羽幌町南7条4丁目 位置
 苫前上町  北海道苫前郡苫前町字苫前 位置
 上平  北海道苫前郡苫前町字上平 位置
 力昼  北海道苫前郡苫前町字力昼 位置
 鬼鹿3区  北海道留萌郡小平町字鬼鹿港町 位置
 花田番屋前  北海道留萌郡小平町字鬼鹿広富 -
 小平中央  北海道留萌郡小平町字小平町 位置
 春日町  北海道留萌市春日町 位置
 留萌駅前  北海道留萌市栄町1丁目 位置
 開運町2丁目  北海道留萌市開運町2丁目 位置
 錦町  北海道留萌市錦町2丁目 位置
 留萌十字街  北海道留萌市本町3丁目 位置
 寿町  北海道留萌市寿町1丁目 位置
 礼受  北海道留萌市礼受町 位置
 阿分小学校  北海道増毛郡増毛町字阿分 位置
 舎熊駅前  北海道増毛郡増毛町字彦部 位置
 増毛ターミナル  北海道増毛郡増毛町暑寒町1丁目 位置
 谷地町  北海道増毛郡増毛町字谷地町 位置
 大別苅  北海道増毛郡増毛町字大別苅 位置
 雄冬  北海道増毛郡増毛町字雄冬 位置
 千代志別  北海道石狩市浜益区千代志別 位置
 床丹  北海道石狩市浜益区床丹 位置
 幌  北海道石狩市浜益区群別幌 位置
 群別  北海道石狩市浜益区群別 位置
 浜益  北海道石狩市浜益区浜益 位置
 川下  北海道石狩市浜益区川下 位置
 柏木  北海道石狩市浜益区川下 位置
 毘砂別  北海道石狩市浜益区毘砂別 位置
 濃昼  北海道石狩市厚田区濃昼 位置
 厚田支所  北海道石狩市厚田区厚田 位置
 北15条東1丁目 ※1  北海道札幌市中央区北16条東1丁目 位置
 札幌駅前ターミナル  北海道札幌市中央区北5条西2丁目 位置
    ※1 ・・・札幌駅前ターミナル行のみ停車。

7. 安全性向上のための自主的な取り組み
 当社では、特急はぼろ号の安全性の向上のための自主的な取り組みとして、
 下記のような体制で運営・管理を行なっております。
 (1)特急はぼろ号(札幌〜留萌・羽幌・豊富 3系統6往復)は、道路運送法に基づく一般乗合旅客
    自動車運送事業の許可を取得して、路線バス(高速乗合バス)として運行しております。
 (2)高速経由便の予約は、当社及び札幌駅バスターミナルの業務委託先のジェイ・アール北海道
    バス株式会社が特急はぼろ号専用の予約システムを用いて管理を行なっております。
 (3)運転手の健康状態は、定期健康診断を受診させて把握している他、日々の乗務前点呼を通じ
    て適切に確認を行なっております。
 (4)運転手の休憩については、労働省告示「自動車運転者の労働時間等の改善のための基準」に
    則り運行計画に含めております。災害や高速自動車道の通行止時には、やむを得ない事情を
    除き運行管理者の指示にもとづいて実施いたします。
 (5)専属車及び続行便等で使用する車両は、ABS(アンチロックブレーキシステム)を搭載して
    おります。
 (6)平成23年度以降に新規導入した特急はぼろ号専属車については、PCS(プリクラッシュセーフ
    ティ)衝突被害軽減ブレーキシステムを搭載しております。
 (7)平成24年8月に特急はぼろ号専属の全車に映像記録型ドライブレコーダーを搭載しました。
    また、その他乗合・貸切車両についても平成24年度内の搭載が完了しました。
 (8)気象条件(台風、暴風雪、大雪、雪崩等)及び道路条件(幹線道路の通行止)等で安全かつ
    定時制が確保できないと判断した場合は、一部又は全区間運休させていただきます。
 (9)平成25年度に全車両にデジタルタコメーターを導入し、適切な運転を指導しております。

 以上、継続して輸送安全の確保に対する取り組みを行なって参ります。
 引き続き沿岸バスの高速乗合バスをご利用いただきますよう、お願い申し上げます。



 当ページは、高速バス表示ガイドライン(平成24年6月29日・国土交通省自動車局及び観光庁)に基づいて作成しています。
  2012年(平成24年)8月1日 作成。
  2013年(平成25年)1月19日 一部変更。安全性の自主的な取り組み等を更新。
  2013年(平成25年)9月18日 一部変更。高速乗合バスと高速ツアーバスとの違いを削除、デジタルタコメーターの装備を追加。
  2014年(平成26年)12月1日 一部変更。停留所「サッポロファクトリー三条館前」を追加。
  2014年(平成26年)3月11日 一部変更。国道231号 新送毛トンネル供用開始にともない、増毛経由便のキロ程変更。
  2016年(平成28年)4月1日 一部変更。停留所「花田番屋前」を追加。










ページ先頭へ

沿岸バス株式会社 TEL 0164-62-1550(代表)
Copyright Engan Bus. Co.,Ltd. All Rights Reserved.